スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
   
2006 / 04 / 07 ( Fri )
翼が折れた天使は地へと堕ちる。
じゃあ・・・私が堕ちるのは・・・ドコ?
すべてに拒まれた私は・・・堕ちることすら、許されぬ・・・。
手を差し伸べてくれること
光をあたえてくれること・・・。
そこまでやさしいこと。
うれしい、すごく・・・うれしいの。
でも・・・こわくて・・・
ずっと・・・こんな風になってて・・・その度に心配されて・・・
・・・その内、こんなアウラ・・・見棄てられるんじゃ、ないかって。
笑顔も・・・温もりも・・・・・・なくなるんじゃ、ないかって。
それが・・・こわくて。
すごく、こわくて・・・不安で・・・
そう考えだしたら・・・とまらなく、なって
・・・どうしたらいいか・・・わからなくて・・・
それで・・・でた・・・答えが・・・あれだった。
笑ってて・・・ほしかった。
心配・・・うれしいけど・・・いたかった。
ただ笑ってくれて・・・いれば・・・
アウラも・・・悩み、わすれて・・・笑えるかもって。
そうすれば・・・迷惑、なくなる・・・。
そうすれば・・・一緒、いてくれるかなって・・・。
アウラを・・・嫌い、ならないかなって・・・。
また笑ってくれて・・・またなでて、抱きしめてくれるかなって
そう、思って・・・。
アウラが・・・我侭なのも
甘えてるのも
踏みいじってるのも
矛盾してるも・・・・・・わかってる・・・
ごめん・・・・・・ごめん・・・なさい。
スポンサーサイト
日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<哀感 | ホーム | 旅団>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://sfrn.blog39.fc2.com/tb.php/78-e3002c17
| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。